セパタクローとは?

(日本セパタクロー協会HPより引用)

1.概要・特徴
 セパタクローの「セパ」はマレー語で「蹴る」、「タクロー」はタイ語で「(藤で編んだ)ボール」と云う意味で、セパタクローは2つの言葉の合成語であり、言葉が示すように、ネットをはさんで足や腿または頭を使ってボールを相手コートに蹴り入れる競技でバレーボールに似たゲームである。

2.歴史
 セパタクローのルーツは、9世紀の昔から東南アジアの各国各地で伝えられてきた伝統スポーツで、1965年に東南アジア競技大会(現在SEA Games)の競技種目に採用された際、アジアセパタクロー連盟が設立され、統一ルールが作られた。
セパタクローは、1990年に北京で開催された第11回アジア大会の正式種目となり、さらに1988年に國際セパタクロー連盟が設立されて、その活動はアジアだけでなく、南、北アメリカ、オセアニア、ヨーロッパ大陸にと、世界的な広がりを見せてきている。また、1997年から女子種目が新たに世界選手権大会とアジア競技大会の種目に加わった。

3.競技方法
 競技種目は、チーム(*1)、レグ(*2)、ダブル(*3)、サークル(*4)、フープ(*5)の種目がある。

*1 チーム種目は、3レグが1チームとなり対戦、レグの勝数で勝敗を争う
*2 レグ種目は、3人が1組となり対戦、2セット(1セット21点)マッチ勝敗を争う。
*3 ダブル種目は、2人が1組となり、レグ種目と同様勝敗を争う。
*4 サークル種目は、1チーム5人が輪になって、定められた順番でリフティングを続け、
   10分間のリフティング総回数を競う種目。現在は行われていない。
*5 フープ種目は1チーム5人が輪になり5m上につるした籠に足、肩、頭を使って10分間にボールを入れた総数を競う種目

4.  ゲームの見所
ネットの高さ以上に飛び上がってアクロバットさながらのアタック、ディフェンスのプレーは豪快そのもので、トップレベル選手のスパイクのボールの速さは140kmを超えるといわれています。

 

 日本セパタクロー学生連盟

メールアドレス

sepaktakraw.gakuren@gmail.com